2018年03月21日

iPhoneのカメラロールにPCから写真・動画を戻す指南書

コロナ堀です。
さて、iPhoneのカメラロールにPCから写真・動画を入れる指南書です。

用意するのは
@PC
※遅いPCではiFUNBOXがうまく動作しません。
Aライトニングケーブル
※パチモノケーブルではうまく動作しません。
B最新のitunesをインストール
※ドライブが出ない場合は、itunesを削除して再インストールすると出現します。
CiFUNBOXをインストール
※iFUNBOXはitunesがインストールされていないと動作しませんのでご注意下さい。
これだけです。

○写真・動画データのバックアップ
iPhoneをPCに接続すると「誰々のiPhone」というドライブが出現します。このドライブをクリックするとInternal Storageがあり、これをクリックすると、DCIMフォルダーがありますので、このDCIMフォルダー毎PCにコピーします。
定期的にこれを行います。
※当然ながら、DCIMフォルダーの中に大量に写真・動画データがある場合は、PCのHDDの残容量にご注意下さい。

○DCIMフォルダーの中
コピーしたDCIMフォルダー開くと、
001APPLE
002APPLE

100APPLE
の様なフォルダーがあります。
このフォルダーの中に、写真・動画のファイルが格納されています。
IMG_00001.JPG
IMG_00002.JPG

IMG_00010.MOV

○写真・動画データをPCからiPhoneカメラロールに戻す。

@iPhoneは接続したままでitunesを終了します。
AiFUNBOXを起動します。
B左の枠から「ツールボックス」をクリックします。
C「システムユーザーファイル」をクリックします。
DこれでiPhoneの内部フォルダー構造が見えます。
※遅いPCではうまく内部フォルダー構造が見えない場合がありますので、ケーブル抜き差し等を行うと見えるようになります。古いitunes、iFUNBOXの場合は、最新のものをインストールして下さい。WINDOWS UPDATEも忘れずに行って下さい。
Eフォルダー表示のDCIMをクリックします。
Fファイル表示|詳細の枠の中に戻したいフォルダーをD&Dします。
GPhotoDataをクリックします。
HPhotos.sqliteとPhotosAux.sqliteがあれば削除します。
IiPhoneの電源を一端落とします。
JiPhoneの電源を入れたら、カメラロールに写真・動画が戻っています。
※大量の写真・動画をカメラロールに戻すと、なかなか復元されない場合がありますが気長に待ちましょう。

○iFUNBOXのDICMフォルダーの中のフォルダー・ファイルを削除して、PhoteDataのPhotos.sqliteとPhotosAux.sqliteを削除、再起動をすれば
写真の内容が変わります。

●カメラロールとは
iPhoneで写真・動画を撮影すると、iPhoneに記録されますが、アルバムに日にち毎に登録されると同時に、全ての写真・動画を一覧することができるようになります。この機能をカメラロールといいます。カメラロールの写真を削除しても、アルバムには残っています。カメラロールの写真を編集するとアルバムの写真にも反映されてしまいます。要するにカメラロールはアルバムの中身を一覧しているだけの機能なのです。

●iPhoneの写真・動画のファイル名
基本はデジカメの写真記録規格に準拠したものとなっています。
iPhoneでは、任意の8文字(一部記号も可)のフォルダーに、IMGの文字を含む任意の5文字(全8文字)のファイル名の構成と、
.JPG .MOV .MP4 .PNGなどの3文字の拡張子の構成になっており、一つのフォルダーにMAX9999個のファイルを格納することができます。
気を付けないといけないのは、フォルダーが変われば同一ファイル名も格納できることです。
写真・動画をパソコン上で、同一物を検索する場合に、ファイル名のみで検索してはいけません。必ず内容を比較する必要があります。
※お勧めの重複ファイルを削除するフリーソフト(FileMany)
※ちなみに、音声データのWAVは保存はできますが、再生してくれない様です。

●カメラロールの管理ファイルは、PhotoDataフォルダーにあるPhotos.sqliteとPhotosAux.sqliteです。通常PhotosAux.sqliteは存在
しませんので、Photos.sqliteを削除して、再起動することで再構築される様になっています。

●表示される順番は、ファイル名の連番順ではなく、iPhoneに再書き込みしたときの日時順となります。
 一括して戻したときに、転送順に表示されるので、連番をいじって並びをかえれば、その並び順で表示されると思います。

○ちなみに、ファイル規格のルールを破った、ファイル名群をiPhoneに戻すと、カメラロールは表示してくれますが、PCのドライブのDICMには出てこない様です。この場合のバックアップの方法は見当たりません。クラウドを使うかなにかが必要でしょう。

※WEBの情報は、古い情報が錯綜しております。TOSS.などのアプリは既に存在しません。カメラロールに戻したい場合にこの指南書を参考にしてください。
※OSアップデートで、写真関連からカメラロールという言葉が消えており、全ての写真に変わっています。

※ちなみに、デジカメ規格に対応していないファイル名・フォルダー名をDICMに転送して、ドライブからPCに戻すと、デジカメ規格に対応したファイル名・フォルダー名に変換されてしまいますので、ファイル名で同一かどうかを判断できず、ファイルの中身で判断することになります。


posted by コロナ工業株式会社 at 20:21| 徳島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: